2014/05/23

ABNORMALS HOLYBLIND LIVE DVD










DVD収録曲:1.PARASITE 2.NEVER FIND 3.SET ME FREE 4.アフレイド 5.イニシエバイオレント 6.CRUEL WORLD(新曲)7.ウズベキスタンガン 8.PRIDE 9.BRAND NEW HARMONY 10.DEMON'S COME 11.GOLDEN DAWN IN THE OUTER 12.予感(新曲)13.負け犬のうた 14.BACK TO THE STREET 15.SWALLOW 16.HOLY BLIND 17.荒廃の月 18.LINK OF FIRE 19.JERK MAN 収録時間:60分


・世の中では色々な情報が流れていますが
自分が一番信用しているのは 友達から情報です
ここ最近3人ぐらいから「今ABNORMALSヤバいですよ!」との話が…
(今思えば このDVDのライブ見た情報だったのですね…)
 ライブを久しぶりに見ましたが 突き抜けていて本当にヤバかった!
「今ABNORMALSヤバいよ!」と話している自分がいます。

 ヒカル(BxH、PUNK ROCK DJ)

・COMIくんは、オレにとって数少ないリビングロックレジェンドさ。
しかも今が最高にセクシーでカッコいいなんてマジスゲー!!!!
アブノーマルズ最強!!!!

 難波 章浩(Hi-STANDARD、NAMBA69)

爛爛と黒く輝くステージ!!
絶望感 怒りといったネガティブな感情を狂気に変え
Positive(明確)にコントロールする爆発的なエネルギーを持ったABNORMALS
その魂を揺さぶられる感覚を是非共感じて欲しい。

blackmeans



異星人系ボーカル!ルックスはLAMAやAPENDDIXのフィンランド系+αな印象!YURIのギターは魅せますね!!非常に良いバンドと言うことは確認できました。
極端に集中しながら連続4回見たので、現在のアブノーマルズがしっかりと掴めた気がします。楽曲良いですね!COMIのボーカルも変わらず凄い!!ツインギターのキャラもしっかり立っているのでYURIとKIYOのスイッチプレイも非常に心地よかったです。KEISUKEのベースのうねりとMASATOのドラムの心拍は既にリズムやグルーブを越えた域に達していますね。ぜひ生のライブが見たいと思いました。これをきっかけにまたgigにも顔を出したいと思います。
多くの人達に、音楽の表現力、楽しみ方を伝えて行って欲しいです。必ずリスナーに伝わってゆきます!!!!

TAKACHO LONDON(1%13, DELTA, ex:SDS)

2014/05/22

UCND


90年代初頭より活動を続ける京都の至宝SOFTのメンバーUCONとKNDによるユニットUCND(ウコンドウ)待望のファースト・アルバム「TERRA INCOGNITA」をリリース!
KNDのソロ・ライブにベース奏者UCONがセッション感覚で参加したことをきっかけに結成されたUCND、最近では鍵盤奏者ムラカミショウイチとSAX奏者KOYOを迎え4人編成で厚みのあるライブも披露し、その流れで制作されたのが今作。交流ある多彩なミュージシャン達による生演奏をサンプリング/コラージュし構築していったKNDによるビート/グルーヴにUCONの生々しく躍動的なウッドベースが艶やかに交わる漆黒のエレクトリック・セッション!今作「TERRA INCOGNITA」では歴代のSOFTの面々や、CRO-MAGNONのコスガツヨシ、A.H.B.のオオマエチズル、FINALDROPのGOROなど素晴らしいゲスト陣が参加。ジャズの手法をバックボーンに洗練されたエレクトリック・ミュージック感覚とオーガニックな土着エッセンスが高次元で融合し、時に優雅で心地良いサウンドを奏で、時にフリーキーでアグレッシヴに攻め立てる自由度の高い黒艶なサウンド・スケープを展開する全8楽曲を収録。

この作品は「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)」に基づき、作曲者を表記する事で、サンプリング及びリミックスに関してライセンスフリーとなります。

『僕はUCNDのアルバムが持つ独自な音楽への解釈は、まるでマイルスデイビスが新しい音楽を試みた頃の未来を感じてしまう。時間というグリッドに並ぶ渦巻くリズムは変化を繰り返し、その狭間で抜群なタイミングでベースと共に新しいグルーヴを生み出す。そして他のメロディと重なり合いリスナーの心に一冊の物語を作り出し、僕らに本能で言葉を語らせようとする。それはこのアルバムは自由であり、挑戦である証だからだ。』
KUNIYUKI TAKAHASHI

『JAZZの緊張感+程よいフュージョン感がミックスされたサウンドで通してあっという間でした。音も生々しいミックスがなされていてライブ感もありました。ライブが楽しみですね。』
DJ KENSEI (COFFEE & CIGARETTES BAND)

『MUSIC LOVERSのライブラリーにまたひとつ素晴らしい作品が届けられた。生楽器のもつ躍動感とエレクトリックの繊細さがぶつかり合い溶け込む瞬間、音楽は自由になり調和を生む。セッションとコミュニケーションを繰り返し描かれるストーリー。永遠に終わる事のないエンディングロールのように音楽はループされる。そして、ここからまた新たな物語が始まろうとしている。つづきはライブという筋書きのないステージで...。』
Q a.k.a. INSIDEMAN (GRASSROOTS)